ホームページの読者の方やスタンプラリーに参加された方からいただいた「ご投稿」や「お便り」をご紹介しております。お気に入りの写真や地域の情報など、「エントリーフォーム」の頁からお気軽にご投稿ください。お写真は、「むさしの365景」に掲載させていただくこともございます。

2022年9月25日 三鷹市在住の武田さん

秋らしくなってきました。リンリンと鳴く虫の声を聴くと心も和みます。そんな折、武田さんから本年10便目となるご投稿をいただきました。もうトータルで何便になるでしょうか。2013年の4月30日が初投稿をいただいた日ですので、もうすぐ丸10年となります。本当にいつもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。それでは、武田さんのコメントからご紹介します。

「この時期、鳥の世界は北から南へと移動する季節なので、コッツウォルズの池にもなにか立ち寄ってくれないかなあ、と淡い期待を胸に秘め出かけています。その成果は・・・残念ながらイマイチです。ということで、1枚だけお送りします。「クサシギ」です。2020年8月の初飛来以来、2回目の立ち寄りになります」

武田さん、ありがとうございました!シギの仲間では、イソシギやタシギは過去に登場しておりますが、クサシギは初めてですね。素晴らしいです!なかなか初ものというのはむずかしいと思いますので、どうぞご無理はなさらないように。

それでは、お写真です。

●むさしのエリアに立ち寄ってくれたクサシギ。ありがとう!
●むさしのエリアに立ち寄ってくれたクサシギ。ありがとう!

日本野鳥会のホームページによりますと「旅鳥:日本より北方で繁殖し、日本より南方で越冬する。つまりその往来の途中、春と秋の渡りの時期に日本に立ち寄る野鳥のこと。シギの多くの種、その他、エゾビタキやムギマキなどがそれに当たる」とあります。インバウンドも徐々に緩和されて来ておりますので、多くの鳥たちにも来て欲しいですね。

2022年8月31日 三鷹市在住の武田さん

本日で8月もお終いです。まだ暑さは続いておりますが、だいぶ凌ぎやすくなりました。今年の夏は、常識を超える熱さでしたね。皆さま、ご苦労さまでした。お疲れさまでした。コロナもしかりですが、サバイバルな時代を生きていることを実感する昨今です。どうぞ皆さま、体調管理、健康には充分気を付けて元気に乗り超えていきましょう。

さて、本年第9便のご投稿を武田さんからいただきました。今回は食物連鎖の頂点に立つ鳥のひとつ、ノスリのお写真です。過去の武田さんのご投稿から猛禽類を探してみたところ、以下の面々を確認しました!オオタカ、チョウゲンボウ、トビ、ハイタカ、ハヤブサ、ミサゴ、そしてノスリです。これだけ多くの猛禽類がいるということは、この地域の自然環境が多様性に富んでいるということなのですね。有り難いことです。それでは、お写真をご紹介いたします。

●ノスリの雄姿です。空中で獲物を探しているところでしょうか?
●ノスリの雄姿です。空中で獲物を探しているところでしょうか?
●こちらは低空飛行をしているところのようです。ノスリの名前は、野を擦るように飛ぶところからきているらしいです。
●こちらは低空飛行をしているところのようです。ノスリの名前は、野を擦るように飛ぶところからきているらしいです。

2022年6月24日 三鷹市在住の武田さん

梅雨に入り、紫陽花が綺麗に咲いているところに真夏のような日差しの日もありで、ちょっとかわいそうに見えます。これから暑さも本格化しますね。皆さま、熱中症には充分にお気を付けくださいませ。さて、武田さんから本年第8便のご投稿をいただきました。今回は、カワラヒワの幼鳥とのことです。カワラヒワは留鳥で、1年を通して地域でみることのできる鳥。武田さんの過去のご投稿をさかのぼってみたところ、2019年の8月3日、そして2018年の12月6日にもお写真をいただいておりました。ここで武田さんのコメントをご紹介。

「梅雨入り後は、天気同様にパッとしない毎日を送っています。これといった鳥には該当しませんが、カワラヒワの幼鳥(若)の飛び出しをお送りします。お腹の縦斑が幼鳥の特徴です。場所は、府中の多摩川、今月中旬の撮影です」。

武田さん、ありがとうございます!今日は、過去のお写真をいっしょにご紹介いたします。カワラヒワは、スズメと同じぐらいの一見、目立たない外見の鳥ですが、翼をひろげると一転、華やかな鳥に変身するのですね。今回のお写真は、その変身の瞬間を見事にとらえたパッとしたお写真でした!どうぞご覧ください。

●河原にたたずむカワラヒワ(2019年8月3日)
●河原にたたずむカワラヒワ(2019年8月3日)
●カワラヒワの群れ(2018年12月6日)
●カワラヒワの群れ(2018年12月6日)
●カワラヒワ(幼鳥)が飛び立つところ(今回のご投稿写真)
●カワラヒワ(幼鳥)が飛び立つところ(今回のご投稿写真)

2022年5月31日 三鷹市在住の武田さん

明日から6月です。初夏に入り、そろそろ梅雨入りも近づいて来ました。鳥たちにとっては子育ての季節になっているようです。早朝に公園を散歩すると、さまざまな鳥のさえずりが聞こえてきます。不勉強な私にはシジュウカラぐらいしか聞き分けられませんが・・・。さて、武田さんのご投稿の紹介です。このところ撮影がいまいちとのことで、次のようなコメントをいただきました。

「5月は芳しくありませんでした。「声はすれども姿は見えず」状態で気持ちも折れかかりました。なので、エナガ団子を1枚だけお送りします。「七つの子」です!」

武田さん、貴重な1枚をありがとうございます!「七つの子」と言えば、野口雨情の有名な童謡に「からすなぜなくの」ではじまる「七つの子」がありますね。鳥の子育ての数は七つぐらいが一般的なのでしょうか?人間ならてんてこ舞いですね。それでは、お写真をご紹介いたします。

●エナガ七兄弟と親鳥
●エナガ七兄弟と親鳥

2022年4月17日 三鷹市在住の武田さん

季節は、桜から新緑へと移って来ました。外を歩くのはとても気持ちよい気候ですね。森の地図スタンプラリーも今週末、4月23日(土)からスタートします。テーマは「玉川上水とその周辺を訪ねる編」です。ご興味のある方は、スタンプラリーの頁をご覧ください。

さて、肝心の武田さんのご投稿です。今回も目にすることの少ない鳥、絶滅危惧種のミゾゴイです。ミゾゴイは、サギ科の中ではやや小さい部類(全長50㎝ぐらい)の夏鳥で、日本には繁殖のためにやって来ます。ほぼ日本のみで繁殖するらしいです。

では、武田さんのコメントからご紹介。

「春は鳥も人も移動の季節、そんな今月初め、コッツウォルズの森の一角に「ミゾゴイ」が立ち寄ってくれました。「日本野鳥の会フィールドガイド」によると、夏鳥として本州~九州の低山に渡来するとのことです。もちろん、私には初見の鳥です。樹上、地上、飛び、それぞれの姿をご覧ください」

●樹上
●樹上
●地上
●地上
●飛び
●飛び

武田さん、ミゾゴイの三態、貴重な画像、ありがとうございました!ネットでミゾゴイについて調べていたときに環境省 自然環境局 野生生物課が平成28年に公開した「ミゾゴイの保護の進め方」という調書のなかに、「ミゾゴイが生息することは、地域の環境の多様性や、森林の生物の豊かさを示している」という一文がありました。ミゾゴイに出逢える環境がずっと保たれていくといいですね。

2022年3月28日 三鷹市在住の武田さん

桜が花開きました。世の中いろいろ大変なことはあっても、季節はちゃんと廻ってくるものですね。大げさな言い方ですが、平常に生きていることに感謝して、日々、大切に暮らして行きたいものです。さて、実は、武田さんから10日ほどまえに、第3弾、第4弾、第5弾のご投稿をいただいておりました。このところ、春の「森の地図スタンプラリー」の準備に追われ、掲載に手が回りませんでした。武田さん、申し訳ありませんでした。では、その武田さんのコメントからご紹介いたします。

「今回は、2022年1・2月にコッツウォルズの池に飛来したトモエガモのご紹介です。野川を中心にこの近辺では久しぶりの飛来だと思います。ちなみに私の記録には、2003年12月と2013年1月にオスが飛来したとあります。

鳥友さんの話によると、この冬、数万羽のトモエガモの群れが印旛沼に飛来したそうですから、この池には、その大群からのほんのおすそ分けといった訪問だったのでしょう。

1 氷上に佇むメス:1月8日、前々日からの降雪と冷え込みで池が8割くらい凍った朝、ヒドリガモとコガモの群れに1羽のトモエガモが混じっていました。

2 メスに続き、飛来したオス:1月末にメスが抜けたあと、「次はオスの番ですね」と鳥友さんと話していたところ、2月8日にその願いが叶えられました(11日まで滞在)。

3 参考:1月7日朝の池の雪景色です。カモ類は1羽もいませんでした。

1 トモエガモのメス
1 トモエガモのメス
2 トモエガモのオス
2 トモエガモのオス
3 雪景色の池
3 雪景色の池

続いて、第4弾のコメントです。

ハシビロガモとオナガガモです。まあ、三連、二連の飛び姿ということで、お送りします。

1ハシビロガモ:前の3羽がハシビロガモ、後はヒドリガモです。

2オナガガモ

1 ハシビロガモ
1 ハシビロガモ
2 オナガガモ
2 オナガガモ

最後は、第5弾のご投稿。

ハチジョウツグミ

ツグミの亜種として少数が渡来するそうです(日本野鳥の会フィールドガイドによる)。体の色の出方には個体差があるようで、この個体がきれいな部類に入るのかどうかは、よくわかりません。

追伸 コッツウォルズの池には、この16日にツバメが初飛来しました。大沢グラウンド通りのソメイヨシノ、18日にはふたつ、みつ開花し始めています。

●背すじが伸びたツグミらしい姿ですね
●背すじが伸びたツグミらしい姿ですね
●後ろ姿です
●後ろ姿です

武田さん、今回も素晴らしいお写真、ありがとうございました!武田さんのコメントでは、3月18日ごろがこの辺りでのソメイヨシノの開花日と思われますが、その後10日ほどで、場所によっては満開まで進んできております。

とても良い季節です。どうぞ皆さま、お花見散歩などお楽しみください。

2022年3月14日 三鷹市在住の武田さん

予告いただいた通り、武田さんから本年第2弾のご投稿をいただきました。武田さん、ありがとうございます!今回のご投稿は、猛禽類と呼ばれる面々。食物連鎖の頂点に立つ鳥たちです。この地域でこれらの鳥たちが見られるということは、自然環境に恵まれ、生きものの多様性が維持されているということでしょうか。大切にしていきたいですね。それでは、武田さんのコメントからご紹介します。

今回は、2021~2022秋冬コッツウォルズの池上空に飛来した新顔(私にとって)をお送りします。

1 ハヤブサ(1・2番目は2021秋、3番目の個体は2022冬で、若鳥と思われます)

2 ミサゴ(きれいな個体でした。池の偵察?、としても獲物になる魚はいないでしょうに)

3 コミミズク(コミミズクの領空侵犯でもあったのでしょうか。カラスに追われ、姿を見せました。)

武田さん、ありがとうございます、続いてお写真を掲載いたします。 

●ハヤブサです。悠々と飛んでいるようです
●ハヤブサです。悠々と飛んでいるようです
●真下から見たハヤブサ。獲物を見つけると急降下。最大時速はなんと300km超です
●真下から見たハヤブサ。獲物を見つけると急降下。最大時速はなんと300km超です
●ハヤブサの若鳥とのこと。眼が可愛く感じられます
●ハヤブサの若鳥とのこと。眼が可愛く感じられます
●こちらはミサゴの雄姿
●こちらはミサゴの雄姿
●ミサゴは魚を好んで捕食することから、別名、ウオタカとも呼ばれています
●ミサゴは魚を好んで捕食することから、別名、ウオタカとも呼ばれています
●フクロウ科のコミミズク。名前の由来は、顔の上部に飾り羽があり、それが小さな耳に見えることから(ズクとはフクロウの別名)
●フクロウ科のコミミズク。名前の由来は、顔の上部に飾り羽があり、それが小さな耳に見えることから(ズクとはフクロウの別名)
●カラスに追われるコミミズク。猛禽類らしくないワンシーンですね
●カラスに追われるコミミズク。猛禽類らしくないワンシーンですね

2022年3月8日 三鷹市在住の武田さん

武田さんからの久々のご投稿です!しばらく音信が無かったので、ちょっと心配していたのですが、お元気そうで何よりです。まずは、武田さんのコメントをご紹介。「長らくご無沙汰いたしました。武田です。久しぶりに投稿させていただきます。とりあえず、ヒバリをお送りします。「春の光のなかを飛ぶヒバリ」と「婚活中?らしきヒバリ」の2枚です。なお、整理が終了し次第、順次お送りさせていただきます」。武田さん、ありがとうございます!続編もありそうで、とても楽しみです!!今回のご投稿は、春を感じるとても素敵なお写真です。今年の冬は本当に寒かったですね。いよいよ春ですね。世の中が良い方向に向かっていくことを願うばかりです。

●春の光のなかを飛ぶヒバリ
●春の光のなかを飛ぶヒバリ
●婚活中?らしきヒバリ
●婚活中?らしきヒバリ

2021年11月2日 三鷹市在住の武田さん

秋も徐々に深まり、木々の色付きも増してきました。錦秋に向かうよい季節ですね。鳥たちの生態も活発になっているようです。武田さんの前回のご投稿でカモ類が増えてきたとの情報をいただいておりましたが、いよいよ本格化しているようです。では、第12便のコメントからご紹介いたします。

コッツウォルズの池は、ヒドリガモが順調に増えて、100羽を優に超えました。コガモも相当数健在で、ハシビロガモなど、他の種類のカモも日替わりで訪れています。

ただ残念なのは、一時滞在したシマアジ(昨年までの個体とは別個体とのこと)がど

こかに抜けてしまい、再度戻ってきてくれないかなあ、と願っています。そんな折、回れ右をしたら遥か遠くでチョウゲンボウが狩りをしていました。きょうは、その1枚をお送りします。

武田さん、ありがとうございました!チョウゲンボウは、ハヤブサの仲間の猛禽類ですが、比較的小さくて可愛らしい鳥ですね。お写真にいっしょに写っているのは、調布飛行場の飛行機のようですが、多摩川をはさんだ調布市のお隣、稲城市では、市の鳥がチョウゲンボウとのこと。市民投票をしたところ、2位のカワセミを大きく離した1位だったそうです。では、お写真をご覧ください。

●獲物を狙って急降下しているところでしょうか・・・
●獲物を狙って急降下しているところでしょうか・・・
●筆者がトリミングしたものです
●筆者がトリミングしたものです

2021年10月16日 三鷹市在住の武田さん

引き続き武田さんから第11便のご投稿をいただきました。ありがとうございます!鳥たちの活動も活発化しているようです。今回は、南へ向かう旅の途中のノビタキのお写真です。ノビタキの過去のご投稿を調べたところ、2013年の10月23日に初登場、続いて、2018年9月10日が2回目、そして今回となります。この時期に立ち寄ってくれるのですね。武田さんのコメントをご紹介。

その後コッツウォルズの池も、少しずつカモ類が増え、ヒドリガモは10を、コガモは30を超えるようになりました。また、ハシビロガモ、シマアジも飛来しています。そのような中、南に帰るノビタキが立ち寄ってくれました。一瞬の出来事でしたが、ヒメガマや葦の上を虫を追いかけて飛び回っていました。

鳥たちの生態がうかがえるコメント、誠にありがとうございます。それでは、ノビタキの過去の写真もいっしょにご紹介いたします。

●2013年に初登場したときのお写真です
●2013年に初登場したときのお写真です
●2018年のお写真。姿勢のよい鳥ですね
●2018年のお写真。姿勢のよい鳥ですね
●今回のお写真。空中捕獲のひとこまです。
●今回のお写真。空中捕獲のひとこまです。

2021年10月10日 三鷹市在住の武田さん

秋らしくなったと思いきや真夏のような日があったり、なかなか一筋縄ではいかない毎日ですね。でも、何といっても緊急事態宣言が解除されたことは喜ばしい限りです。ひとりひとりの辛抱が実った結果ですね。この結果を無為にすることがないよう、そして心穏やかな日常がもどってくることを願うばかりです。

さて、武田さんから本年の第9便と10便を続けていただきました。月1ペースのご投稿、誠にありがとうございます!今回は、昔から幸福をもたらす鳥と言われてきた鳥、ツバメです。緊急事態宣言解除にふさわしい鳥ですね。それでは、武田さんのコメントとお写真をご紹介いたします。

第9便のコメント:暦の上では「秋」なのに、この暑さはどうしたことでしょう。9月中旬から少しずつ渡ってきていたカモ類もこの暑さで渡りを中断しているように思えます。空は完全に秋めいてきたので、もう少し気温が下がることを期待するきょうこの頃です。さて、本日は今週初めに立ち寄ってくれたアマツバメをお送りします。二日にわたって、40~50羽の群れ(つい多めにカウントしているかもしれませんが)が池の上空を乱舞してくれました。群れを観察したのは初めてです。(背打ち、と腹打ちの2枚をお送りします。)

第10便のコメント:ピンボケなので躊躇したのですが、羽の一部が白くなったツバメが1羽が飛来しました。今年は天候不順の影響か、池からツバメが随分と早く姿を消していたので、一瞬面喰いました。ちょっと珍しいので、一応報告しておきます。多分、最終飛来だと思います(10月8日飛来)。

●9便の背打ち。ツバメが巣をつくる家には病人が出ないという言い伝えがあります
●9便の背打ち。ツバメが巣をつくる家には病人が出ないという言い伝えがあります
●9便の腹打ち。ブロンズ像のようにも見え、実に精悍です
●9便の腹打ち。ブロンズ像のようにも見え、実に精悍です
●10便のお写真。羽の一部が白い、おしゃれに見えますね
●10便のお写真。羽の一部が白い、おしゃれに見えますね
●白い部分は鳥類用語の初列風切という部分で、一番外側が白くなっています
●白い部分は鳥類用語の初列風切という部分で、一番外側が白くなっています

2021年8月25日 三鷹市在住の武田さん

ちょっと間隔があきましたが、武田さんから本年第8便のご投稿をいただきました。ならすと月1のペースですね。お元気で何よりでございます。

世の中は、相変わらずコロナの日々が続いておりますが、オリンピックが終わり、パラリンピックが始まりました。色々あって、ちょっと頭が混乱しがちですが、しっかりと毎日を過ごしていきたいものです。ご投稿いただきましたお写真は2枚で、今回もいつも通りの素晴らしいものですね。さっそくご覧ください。

●都心に向かう前に、調布飛行場上空を飛ぶブルーインパルスの編隊
●都心に向かう前に、調布飛行場上空を飛ぶブルーインパルスの編隊
●セッカが3羽
●セッカが3羽

ブルーインパルスは、パラリンピックの開幕に合わせ、8月24日の午後、東京の上空を飛行しましたが、都心だけでなく、むさしのエリアにも来てくれたのですね。筆者もたまたま外を自転車走行していまして、その姿を遠く眺めていましたが、さすが武田さん。実に鮮明にカメラに納めていらっしゃいました。拡大すると操縦士まで判別出来そうです。かたやセッカのお写真もとても雰囲気がありますね。童話の世界のようで、3羽のセッカが何かを語りあっているようです。

2021年5月28日 三鷹市在住の武田さん

緑も色濃くなり、紫陽花が彩りを添える季節となりました。皆さま、お元気でしょうか。コロナ禍も人類に対する自然界の警告という見方もあるようです。それは別にしても、自然との共生は大事なことですね。さて、武田さんから今回も素晴らしいお写真をいただきました。本年第7便のご投稿です。コメントからご紹介いたします。

「ことしは五月晴れって、あったかなと思わず考えてしまう今月の天気、いかがお過ごしでしょうか。天候のせいか、夏鳥全般が低調であったように思えます。もはや歳時記とも言える「カッコウ」の啼き声もあまり聴くことができませんし、ツバメの飛来数も少ないようです。今回は、「コッツウォルズの森池」で新たに出会った鳥(あくまで私にとって、であります)をふたつ紹介させていただきます。

1、コムクドリ 2、コアジサシ(多摩川で撮ったものは、過去掲載していただきました。)その1 空中から狙いを定めてダイブし、上手くゲットした図 その2 捕った小魚を咥えそこない慌てて追いかける図

武田さん、ありがとうございました!ムクドリとは別にコムクドリという鳥もいるの

ですね。体型は似ていますが、クチバシとかのパーツの色は確かにちがいますね。コアジサシのダイビングキャッチとその後のフォローの図。レアなお写真もありがとうございました!!以下、お写真をご覧ください。

●ムクドリの灰色に比べて、全体が黒っぽく青みがかっていますね。
●ムクドリの灰色に比べて、全体が黒っぽく青みがかっていますね。
●くちばしは、ムクドリはオレンジ、コムクドリは黒ですね。
●くちばしは、ムクドリはオレンジ、コムクドリは黒ですね。
●小魚をうまくゲットしたようですが・・・
●小魚をうまくゲットしたようですが・・・
●取りこぼしてしまいました。すかさずフォロー
●取りこぼしてしまいました。すかさずフォロー

2021年5月7日 三鷹市在住の武田さん

コロナ禍2回目のGWも終わりましたが、東京都の緊急事態宣言延長となり、長いトンネルの中、なかなか出口が見えて来ません。こんな毎日もネガティブにばかり考えず、新しい楽しみを発見できるチャンスとポジティブに考えると、少し気分が晴れてくることもありますね。若葉が鮮やかなこの時期の早朝散歩などはとても気分がよいものです。さて、今回も武田さんから素晴らしいお写真の投稿をいただきました。まずはコメントのご紹介。「コロナ禍のなか、自転車ロードレース会場であるコッツウォルズの池周辺でも着々とオリンピック用の施設が準備され、オリンピックに向けて公園の一部使用制限の告知がなされました。そんななか、珍しいものはありませんが、4月の池に飛んだ鳥3羽を紹介すべく、お送りします。」武田さん、コロナ禍のなか、貴重なお写真、ありがとうございます!3羽それぞれの姿態や表情がリアルに見れて感動しました!!これからもどうぞよろしくお願いいたします。それでは皆さま、お写真をご覧ください。

●オオタカ:かっこいいですね。2021年3月8日にも登場しています
●オオタカ:かっこいいですね。2021年3月8日にも登場しています
●タシギ:クチバシが長いですね。タシギは2019年3月19日以来、今回が2回目の登場です。
●タシギ:クチバシが長いですね。タシギは2019年3月19日以来、今回が2回目の登場です。
●コチドリ:意外と多く登場しています。このご投稿の初期段階、2014年4月2日から7回目の登場です。姿のよい飛行ですね。
●コチドリ:意外と多く登場しています。このご投稿の初期段階、2014年4月2日から7回目の登場です。姿のよい飛行ですね。

2021年4月14日 三鷹市在住の武田さん

例年ですと、桜の余韻を楽しんでいるころですが、今年はすっかりと新緑の世界にむさしのが変身しております。若葉のみどりがあざやかですね。そんな折り、武田さんからもちょうど1か月ぶりのご投稿をいただきました。本年、第5弾目のご投稿です。今回のご投稿は、実に色彩豊かなお写真です。まずは武田さんのコメントをご紹介。「なかなか写真の整理が進まず、例によって雨天日のきょう、少し前進したので、ひとつお送りします。アカシデと「マヒワ」です。アカシデの花芽とマヒワの黄色がとても良い感じでした。3月中旬の撮影です。今年は、イカルに劣らずマヒワの群れも活発に飛来してくれました。1雌雄 2オス(頭頂部が黒いほう) 3メス です」

武田さん、今回もありがとうございました!これまで多くの鳥をご投稿いただいておりますが、調べてみたところ「マヒワ」は初登場でした!同じアトリ科の鳥ではイカルやカワラヒワはデビューしていたのですが。まだまだ新人ならぬ新鳥はいるものなのですね。アカシデの若芽は名は体を表すで本当に赤いですね。緑一色のこの時期では異色の存在です。それでは、お写真をご覧ください。

1 雌雄 マヒワは全長約12㎝でスズメよりも小さい鳥です
1 雌雄 マヒワは全長約12㎝でスズメよりも小さい鳥です
2 オス
2 オス
3 メス
3 メス

2021年3月14日 三鷹市在住の武田さん

東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したようです。東京でも、このあたりの桜の開花は少し遅いようで、近くの公園のソメイヨシノはまだ蕾状態でした。でも、もう間もなく咲くでしょう。時節柄、宴会はできませんが、お散歩で花見を楽しみましょう。さて、前回、武田さんが予告されたカモのお写真、昨日、ご投稿いただきました。5年以上のご投稿で初登場の鳥たちです!まだまだ、多様な野鳥がこの地域に飛来するのですね。人間が自粛生活を送っている反面、鳥たちは羽をのばしているのでしょうか(笑)。武田さんのコメント、今回は盛り沢山の長文です。以下、ご紹介します。     「きょうは激しい雨、しかも雷雨、少しびっくりしましたが、この雨で一部干上がり、不通となっている野川が全線つながることを期待しています。さて、初飛来カモその1は「スズガモ(メス)」です。初めて見たのは10月末、2度目は12月でした。マガモなどの淡水ガモ類に対し、海ガモ類(潜水ガモ類とも呼ばれる)に分類され、かってこの池に飛来したキンクロハジロやホシハジロの仲間になるかと思います。次回はぜひオスと一緒に飛来することを願っています。

その2は「オカヨシガモ」です。こちらは淡水ガモ類に分類されます。1月始めに飛来、オスは数日で姿を消しましたが、メスはその後も出たり入ったりを繰り返し、直近では3月12日に2羽確認しています。(写真3枚目はメスの羽パタです)

その3は、昨年暮れにご紹介いただいた「ヨシガモ」の番(つが)いです。正確に言えば、ヨシガモのメスの初飛来ということになります。1月初めに確認しました。

その4は、オナガガモのオスです。3月初旬に確認しました。5~6年前までは、毎年この付近で数多く見られたカモだったのですが、最近全く見られなくなっていたので、お送りする次第です。再度、多く飛来してくれることを願っています。

この冬は「ハシビロガモ」(昨年10月掲載)が例年になく多く飛来し、滞在時間も長く、1月下旬から2月初旬にかけて最大8羽を数えました。雌雄の別は3:5だったと思います。3月12日時点で、2羽(雌雄)を確認しています。なお、カモ類は、夜間のエサ場とこの池を行き来していると思われ、抜けたなぁーと思っていると何日かおいて戻ってきたり、個体の入れ替わりがあったりで、興味は尽きません。」

武田さん、ありがとうございました!カモには、淡水ガモ類と海ガモ類がいるのですね。ひとくちにカモと言っても実に多彩多様で大変面白いです。それでは、お写真をご覧ください。

●スズガモ(メス)
●スズガモ(メス)
●飛翔するスズガモ
●飛翔するスズガモ
●オカヨシガモ(オス)
●オカヨシガモ(オス)
●オカヨシガモ(メス)
●オカヨシガモ(メス)
●オカヨシガモ(メスの羽パタ)
●オカヨシガモ(メスの羽パタ)
●ヨシガモの番い(手前がメス)
●ヨシガモの番い(手前がメス)
●オナガガモ(オス)
●オナガガモ(オス)

2021年3月8日 三鷹市在住の武田さん

3月になりました。もうすぐ春ですね。暖かい日があったり、寒い日があったり、三寒四温の日々です。先日は嵐のような一日もありました。そんな中、武田さんから盛り沢山のご投稿をいただきました。コメントをご紹介いたします。「窓の外はゴオゴオと春の嵐。ここのところ、体調が少し落ち加減なこともあり、写真整理が滞っていました。こういう日は整理をするいい機会です。そう変わったものはありませんが、順次お送りしますので、よろしくお願いします。まずは、「いつもの木のオオタカ」です。褐色のほうが若、幼鳥と言うべきかもしれません。プラス、ハイタカ(だろうと思いますが)です。いずれも、コッツウォルズの森、野川公園地区で2月の撮影です。次は、「イカル」と「アカゲラ」です。アカゲラは、イカルを狙っていて偶然混じったもので、ことし初めて見ました。なお、次回は、2020秋から2021冬にかけてコッツウォルズの森の池に初めて飛来したカモを紹介したいと思います。「初めて飛来した」とは、私にとって、という意味で、まことに恐縮ですが。こちらは、少し時間がかかると思います。」武田さん、ありがとうございました!!精力的に撮影をされていらっしゃるご様子ですが、どうぞ無理をなさらずに。次回も楽しみにしております。それでは今回の多様な鳥たちの登場です。

●オオタカとのこと。森の王者というような風格を感じますね。
●オオタカとのこと。森の王者というような風格を感じますね。
●こちらは、オオタカの若鳥、幼鳥とのこと。少し剽軽にも見えてきます。
●こちらは、オオタカの若鳥、幼鳥とのこと。少し剽軽にも見えてきます。
●ハイタカ(と思われる)です。ハイタカはオオタカより一回り小柄な体格のようです。
●ハイタカ(と思われる)です。ハイタカはオオタカより一回り小柄な体格のようです。
●イカルの群れです。孤高を感じるタカとは一転、密状態ですね。
●イカルの群れです。孤高を感じるタカとは一転、密状態ですね。
●こちらは森の人気者、キツツキ科のアカゲラです。
●こちらは森の人気者、キツツキ科のアカゲラです。
●アカゲラの飛翔を別角度から。飛んでいる姿は珍しいですね。
●アカゲラの飛翔を別角度から。飛んでいる姿は珍しいですね。

2021年2月27日 三鷹市在住の武田さん

もうすぐ3月です。梅の花も良い香りをともないながら見る人の心をなごませてくれます。コロナ自粛のなかでも、散歩などの適度な運動とリラックスタイムは大事にしたいものです。さて、武田さんから本年第2弾のご投稿をいただきました。いつも素晴らしいお写真をいただいておりますが、今回も実に感動的なお写真です。お忙しかったのか武田さんのコメントは「きょうは、コッツウォルズの森を流れる川で、久しぶりに会ったクイナを送ります。」というあっさりとしたもの。過去のご投稿をたどってみたところ、4年前のこの時期に確かにクイナのご投稿がありました。クイナは用心深い鳥のようで湿地の藪のなかにいることが多く、夕方少し暗くなってからの撮影とのことでした。今回も夕方なのか、それとも明け方なのか、貴重なお写真、ありがとうございました!

●眼とくちばしの赤が印象的。とても幻想的なお写真ですね。
●眼とくちばしの赤が印象的。とても幻想的なお写真ですね。
●こちらは歩いているところ。拡大してよく見ると可愛い眼をしています。
●こちらは歩いているところ。拡大してよく見ると可愛い眼をしています。

2021年1月25日 三鷹市在住の武田さん

2021年がスタートしました。コロナ禍においても光陰矢のごとしで、早、1月も終盤をむかえております。皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。寒さの厳しい時期でもありますので、健康維持には充分にご留意くださいませ。さて、本年第一弾のご投稿を武田さんからいただきました。ありがとうございます!今回は心が癒やされるかわいい小鳥のお写真です。では、武田さんのコメントをご紹介します。

「今回は、コッツウォルズの森を流れる川沿いで、暮れから見られた珍しい鳥をお送りします。ちょっと見では小型ウグイスのように見える「ムジセッカ」という名の、結構すばしっこく動き回る小さな鳥です。私の眼力では到底同定できませんので、鳥見の皆さんのお声に従うということでご了承ください。参考に、日本野鳥の会発行の「フィールドガイド日本の野鳥」の当該ページを添付します。では、ことしもよろしくお願いします。引き続きコロナには十分気を付けましょう!」

武田さん、図解資料付きのご投稿、ありがとうございました。鳥の種別を見極める(同定)ことは大変なことですね。眉の微妙なちがいが決めてのようですが、出逢うことすら珍しく、しかも、すばしっこいとなると、この鳥の難易度は超ハイレベルですね。貴重なお写真、本当にありがとうございました!ちなみにコメントの中にある「コッツウォルズの森を流れる川」とあるのは、この地域を流れる川のことです。イギリスのコッツウォルズ地方の川ではありません。武蔵野コッツウォルズというネーミングは、むさしのエリアとコッツウォルズ地方の共通点(こころ安らぐ景色)からきたものです。コッツウォルズ(英国)の頁ご参照。

●スズメ目、ムシクイ科の鳥、ムジセッカ。体長は11センチほど
●スズメ目、ムシクイ科の鳥、ムジセッカ。体長は11センチほど
●ムジセッカとカラフトムジセッカのちがい。日本野鳥の会の資料をトリミング(筆者)
●ムジセッカとカラフトムジセッカのちがい。日本野鳥の会の資料をトリミング(筆者)

2020年12月28日 三鷹市在住の武田さん

今年も残すところ3日ばかりとなりました。年の瀬ですが、このご投稿頁は新しくなっています。ひとつの頁に掲載できる項目数が限られていまして、そろそろかと感じておりました。おそらく2020年最後と思われるご投稿が新しい頁の最初のご投稿となりました。いつもながら武田さん、ありがとうございます!まずは、いただきましたコメントをご紹介いたします。「今年最後になると思いますが、1枚お送りします。数年前に、多摩川で撮ったヨシガモを掲載していただきましたが、この鳥が池に初飛来し、ヒドリガモと一緒に飛んだ姿を撮影しました。もっともヒドリガモと交流したのは最初の1日だけで、その後は我が道を行く、の状態になりました。圧倒的多数を占める先客に、まずは敬意を払い、相手の出方をうかがった行動だったのでしょう。」武田さん、ありがとうございました。私も数日前、池(むさしの地域にある都立公園の池)に行きましたらヒドリガモの群集に出会いました。陸にあがって草でしょうか、みんなで啄ばんでいました。(ご時世で群集を見ると、密状態が気になってしまいますが)このヒドリガモの群集に物おじせず舞い込んだヨシガモ。いただきましたお写真、2羽の飛行が素晴らしいです!

武田さん、本年も大変お世話になりました。コロナ禍の厳しい環境の中でもご投稿を継続いただきましたことに心から感謝いたします。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。そして皆さま、コロナ禍の下ではありますが、つつがなく新しい年をお迎えくださいませ。

●右がヨシガモ、左がヒドリガモ。手を繋いで飛行しているように見えますね。
●右がヨシガモ、左がヒドリガモ。手を繋いで飛行しているように見えますね。
●ヒドリガモの群集です(筆者撮影)
●ヒドリガモの群集です(筆者撮影)