●第1回・森の地図フェスタ -むさしのマルシェ-

2019年9月23日(月・祝)10:00~15:30 小雨決行・荒天中止

場所:都立野川公園・大芝生

上記のイベントで「むさしのマルシェ」を開催します。

地域のお店や武蔵野エリアの物産品が公園に集まります。

これから開催に向けての10日間、出店舗を順番にご紹介します。一日目の今日(9/13)はマルシェの概要です。

ケーニッヒ(ホットドックなど)/アン・プティ・ポン(フランス家庭料理など)/Ouef(珈琲・焼き菓子など)/調布のやさい畑(朝採れ野菜など)/北中植物商店(植物のワークショップなど)/やまさき薫(デコボコブローチづくり)/荒川陽子(自然素材のワークショップ)/イベント限定企画店(プレモル生ビール・小金井花見だんご・井の頭煎餅・鬼太郎サイダー・井の頭どらやき・稲城産梨など)

9/14:2日目の今日は、ビストロ・アンプティポンさんをご紹介。フェスタ会場の野川公園のすぐ近くにあるフランス家庭料理のお店です。「むさしのマルシェ」では、豚肉のバルサミコソース煮やキッシュ、アイスデザート、ワインなどをお手軽な価格でご賞味いただけます。

9/15:3日目の今日は、イベント限定企画店をご紹介。森の地図フェスタ(むさしのマルシェ)は、武蔵野の森 発 サスティナブル観光推進事業との連携イベント。関係する6市(調布市/府中市/三鷹市/小金井市/武蔵野市/稲城市)の物産品をイベント会場で販売します。稲城の梨や府中サントリーの生ビール、三鷹市の井の頭どら焼きなどが並びます。


9/16:4日目の今日は、ケーニッヒさんのご紹介です。本場ドイツの食品見本市でも受賞歴のある手造りハム、ソーセージの専門店、ケーニッヒ。マルシェでは、大人気のホットドッグや串焼き、ドイツビールを販売予定です。


9/17:5日目の今日は、地元アーティストによるワークショップのご紹介です。まず最初は、小金井で、絵とデザインのアトリエ 「ヤマコヤ」を主宰する「やまさき薫」さんです。むさしのマルシェでは「デコボコバッジづくり」のお店をオープンしていただきます。【内容】台座にシールなどを貼りデコボコをつくります。上から箔を貼りこすって、金属感のあるバッジをつくります。小さいお子さんでもできる通常のバッジづくりもあります。参加費】800円【所要時間】30分程度

9/18:6日目の今日は、「緑の中で楽しめる美味しいコーヒーと手作りのお菓子」をコンセプトにしているカフェOeuf(ウフ)さんをご紹介。季節や地元の食材を使い丁寧に作ったお菓子と、焙煎したばかりの良質なコーヒー豆を使ったハンドドリップのコーヒーを提供しています。Oeufはフランス語で”卵”という意味 。むさしのマルシェで予定のお菓子は「さつまいもフィナンシェ」「レモンシフォンケーキ」「クルミとエスプレッソパウンド」「ケークサレ」などです。お楽しみに!

●プレイス・フェスタ2018 コミュニティ・マーケット ~ひと結び~

開催日時:2018年7月7日(土) 11:00~16:00

場所:武蔵野プレイス前広場(境南ふれあい広場公園)

7月7日、七夕の日ですが、JR中央線武蔵境駅南側にある武蔵野プレイスで行われるイベントに出店(出展)します。森の地図スタンプラリーを中心とした武蔵野コッツウォルズの活動の紹介や地図セット、ポストカードなどオリジナルグッズの販売を行います。他の活動団体のブースや飲食などの模擬店も多数並びますので、お散歩がてらに遊びに来てください。

http://www.placefesta.jp/event/event1/