第15回 森の地図スタンプラリー

- 秋のムサシノ、満喫 編 - 2019年9月21日(土)~11月24日(日)

木々が色づき、武蔵野が一年で一番美しくなる季節。

ウォーキングやサイクリング、グルメ散歩、自然散策などをして

のんびりと巡ってみませんか…

第15回ではスタンプが初めて多摩川を超え、

稲城市のラリーポイントも加わりました。

また、第1回の「森の地図フェスタ」も開催されます。

開催期間中に下記のラリーポイントのうち8か所のスタンプを集めた方に、

達成証や記念のオリジナルグッズなどを進呈!

あなたもどうぞお気軽にご参加ください。

●スタンプラリー台紙の表面。画像をクリックすると拡大して見れます。
●スタンプラリー台紙の表面。画像をクリックすると拡大して見れます。

■ラリーポイント

江戸東京たてもの園/東京学芸大学図書館カフェ note cafe/都立殿ヶ谷戸庭園/都立武蔵国分寺公園/府中市美術館/JRA競馬博物館/サントリー<天然水のビール工場>東京・武蔵野ブルワリー/府中市郷土の森観光物産館/いなぎ発信基地ペアテラス/調布市郷土博物館/調布のやさい畑(深大にぎわいの里)/三鷹市星と森と絵本の家(国立天文台内)/都立武蔵野の森公園/都立野川公園・自然観察センター/武蔵野市立ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス/武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館

■スペシャルラリーポイント

S1:第1回・森の地図フェスタ -都立野川公園・大芝生-:9月23日(月・祝)限定

S2:国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館:10月29日(火)~11月8日(金)限定

S3:日本獣医生命科学大学:11月1日(金)~3日(日・祝)限定(学園祭開催)

S4:東京外国語大学:11月20日(水)~24日(日)限定(第97回外語祭)

 

※上のラリーポイントの8か所でスタンプを押すとラリー達成です。どこのポイントから始めてもOK、回る順番も自由です。期間中、マイペースでご参加ください。

達成者の皆さま(ご応募いただいた方)に、記念品のオリジナルグッズなどを差し上げます。先着順ではありませんので、ゆっくりと周遊をお楽しみください。

スタンプラリーの台紙は、上記のラリーポイントや地域の観光案内所などで配布しております。また、くわしい情報は、このページに順次アップしていきます。どうぞお楽しみに!たくさんの方の参加をお待ちしております。

◆注目情報◆

■外語祭がスペシャルラリーポイントに初登場!

S4 東京外国語大学 -第97回外語祭-

11月20日(水)~24日(日)の5日間にスタンプを設置 10:00~18:00  設置場所:外語祭会場内、円形広場の受付

今年のキャッチコピーは「あなたの非日常、世界の日常」。外国語大学らしい国際色豊かな企画が多く、東京にいながら世界中を旅しているような気分になれます。会場にずらっと立ち並ぶ料理店は外語祭の魅力の一つ。 合計30もの国と地域のグルメを味わうことができます。

府中市朝日町3-11-1 ☎090-6101-5044(実行委員会本部)

http://gaigosai.com/

◆イベント情報◆

■ラリーポイントD 都立武蔵国分寺公園

ぶんぶんウォーク - 都立武蔵国分寺公園(ピクニックタウン)-

11月16日(土)、17日(日) 11:00~15:30

国分寺市内のカフェやギャラリー、市民グループなどが集まり、大小60を超えるイベントをまち全体で開催。武蔵国分寺公園では、ピクニックをしながら、ライブや、様々なワークショップ、森のガイドウォーク、カフェやランチが楽しめます。【問合せ】武蔵国分寺公園サービスセンター ☎042-323-8123

http://bunbunwalk.com/ 

■ラリーポイントH 府中市郷土の森観光物産館の近く

府中市農業祭 11月16日(土)、17日(日)-府中市郷土の森博物館-

新鮮野菜の直売やステージゲームなど楽しい催しが盛り沢山。会場の郷土の森博物館が無料開放されます。【問合せ】府中市農業祭実行委員会(府中市経済観光課内)☎042-335-4143

■ラリーポイントA 江戸東京たてもの園

紅葉とたてもののライトアップ          -江戸東京たてもの園-

11月22日(金)~24日(日)16:30~20:00

(開園は9:30から、最終入園は19:30まで)  紅葉の時期に合わせた夜間特別開園です。昔の灯りの暗さや暖かさを感じる催しや、照明デザイナー監修による歴史的建造物と色づく木々のライトアップを行います。普段は見られない夜のたてもの園をゆっくりとお楽しみください。入園料有。

【問合せ】江戸東京たてもの園 ☎042-388-3300 http://www.tatemonoen.jp  

■ラリーポイントC 都立殿ヶ谷戸庭園

殿ヶ谷戸庭園の秋を楽しむ 11月23日(土・祝)~12月8日(日)

紅葉が鮮やかに彩る殿ヶ谷戸庭園で深まりゆく秋を堪能。「紅葉を詠む」(期間中毎日展示)、「伝統技能見学会」(11月23日:雪吊り、12月7日:霜除け)など、庭園の秋を楽しむ催しが行われます。入園料有。【問合せ】都立殿ヶ谷戸庭園サービスセンター ☎042-324-7991

■ラリーポイントE 府中市美術館 12月1日(日)まで

企画展「おかえり 美しき明治」/来日画家と日本人画家の作品の共演を通して「美しき明治」のひたむきで凛とした輝きを紹介します/府中市美術館       ☎03-5777-8600((ハローダイヤル)

■ラリーポイントJ 調布市郷土博物館 12月15日(日)まで

企画展「調布の平成-30年の潮流-」/平成年間の調布について,市街地開発・スポーツ・文化面から振り返ります/調布市郷土博物館 ☎042-481-7656

◆スタンプラリー・レポート◆

●11月9日(土)

11月に入りお天気が安定してきました。秋晴れの日が続いております。スタンプラリーも動きが活発化し、続々とゴールイン(達成後に応募した方)されています。只今の達成者数は121名です。今回は達成者の方々のお声をご紹介いたします。

年齢順に掲載。まず最初は狛江市のご姉弟(7歳、5歳)。「色々なところをまわり、スタンプを押すのが楽しかったです。またやりたいです。」次は立川市のご兄妹(10代)のコメント。「サイクリングロードから見える景色と街並みはとても魅力的でした」、「とてもハードな運動でしたが楽しかったです」。続いて小平市の20代の男性は「楽しかった!!」と言う明快なご感想。次は府中市の30代の子育てママ。「今年も子供達と一緒に楽しめました」。どんどんご紹介します。品川区の40代の女性から。「小さな秋を見つけながら小さな幸せをもらいました」。続いて調布市の50代のご夫婦。「ペアテラスは初めて行きました」「稲城も里山があっていいところですよね」。ここから60代の方が3人続きます。最初に葛飾区の男性。「色々な大学で学園祭をやっていて、同時に楽しめました」。次は調布市の女性です。「以前行った所でも行き方を変えると新しい発見があり楽しいです」。最後に小平市の男性。「地図持たず 近場の人に 尋ね聞き 会話を残し 秋の散策」素晴らしい短歌形式のご感想をありがとうございました!いよいよ70代の方です。まず武蔵野市の男性。「よく歩き、よく楽しみ、よく学びました。次回も期待しています」。次は今回の最後のご紹介。文京区のご夫婦です。「季節ごとに景色の変化、新しい発見、夫婦の会話等々がゆたかになり、うれしいかぎりです」

このスタンプラリーは幅広い年齢の方にご参加いただいております。さまざまなご感想、ありがとうございました!

※下にラリーポイントのひとつ野川公園で見つけた秋の野の花を掲載します。左上から時計回りで、アワコガネギク、シュウメイギク、コンギク、そしてリンドウです。園内の自然観察園にて。

●10月22日(火)

秋のスタンプラリーが始まって約1か月がたちました。大きな台風があったり、いまいちのお天気が続いていますが、ゴールイン(達成後に応募された方)する人も多くなって来ました。現在の達成者は、26名です。初の多摩川越えのラリーポイント「いなぎ発信基地ペアテラス」のスタンプも目立ちます。行かれた方は、調布や府中から意外と近いことに気付かれたことでしょう。スタンプラリーの期間は、まだ1か月以上あります。これからは木々の色付きも進んできます。どうぞ皆さま、ゆっくりとお楽しみください。もちろん、これから参加される方も大歓迎!お近くのラリーポイントまでお越しください。